シク教について

シク教(シクきょう、パンジャブ語: ਸਿੱਖੀ)は、15世紀にグル・ナーナクがインドで始めた宗教。スィク教、スィック教、あるいはシーク教とも呼ぶ。シク(スィク)とはサンスクリット語の「シシュヤ」に由来する語で、弟子を意味する。それにより教徒達はグル・ナーナクの弟子であることを表明している(グルとは導師または聖者という意味である)。総本山はインドのパンジャーブ州のアムリトサルに所在するハリマンディル・サーヒブ(ゴールデン・テンプル、黄金寺院)。教典は『グル・グラント・サーヒブ』と呼ばれる1430ページの書物であり、英語に翻訳され、インターネットでも公開されている。世界で5番目に信者の多い宗教で、約3000万人の信者がいる。

所在地

☎→03-5978-6022

 

​シク教寺院 グル・ナーナク・ダルバール

〒112-0012

​東京都文京区大塚3丁目-5-4

(茗荷谷ハイツ B1)

✉→nanakdarbartokyo@gmail.com

  • Blogger
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • line icon
  • whatsapp-logo-png

© 1999 - 2019 Gurudwara Guru Nanak Darbar (Tokyo). All Rights Reserved.

シク教寺院について

​シク教とこちらのシク教寺院についてご説明します

シク教寺院の歴史

寺院運営委員

代表

Ujjal Singh Sawhney

会計

Manmohan Singh Sahni 

委員

S.J.B. Singh Sandhar (Raji)

​委員

Paul Warraich

委員

Satpal Singh

委員

Satinder Singh Pannu

1990年代後半にインドレストランを借りてお集まり(お祈り)をしていましたが、2001年に文京区にてビルの地下を購入し、現在に至っています。在日しているシク教徒がお互いに協力しながら毎回のお集まりを行っています。通常のお集まりでは、始めにお祈り(聖典:グル・グラント・サーヒブを朗唱)をし、賛歌を歌い、最後にランガル(共同食堂のことで無償で食事を提供)します。詳しくはこちら

また、シク教寺院は国内で2つあり、東京都文京区と兵庫県神戸市に位置しています。人種問わず、どなたでも参加出来ます。

シク教のお勉強にお使い下さい

グルドワラ・サーヒブ(シク教寺院)

こちらの動画で紹介されているシク教寺院はインド・デリーにある「バングラ・サーヒブ」と言います。

​この動画ではシク教寺院で何が行われているのか簡単に紹介しています。